ボクシングの試合で前代未聞の珍事! ゴングと同時に選手が退場、会場からはブーイング

米国のボクシングで試合開始のゴング直後に選手がリングを降り、失格になる珍事が発生。

米メディアも「これまで見た中で最も奇妙な失格」と報じ、実況席は「わ、わ、私は混乱しています」と唖然としている。

FOXスポーツは「ボクサーのカーティス・ハーパーが自身の試合開始直後に賃金闘争のためリングを後にした」とツイートしており、自身に支払われる金銭に不満があったようだ。

とはいえ、試合開始のゴングとともに自らリングを降りるのは前代未聞

ソース全文はコチラ:デイリースポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180825-00034565-theanswer-fight

 Boxer Curtis Harper leaves ring at opening bell of heavyweight bout

ネットの反応↓

・緊張のあまりトイレが近くなることはよくある

・ウ〇コ漏れそうだったんだろ

・引退覚悟じゃないと出来ないよね

・ビビったの?

・正当な賃金もらうためのストライキか しょうがないな

・奈良県出身だったら判定勝ちできただろう…

 

『ボクシングの試合で前代未聞の珍事! ゴングと同時に選手が退場、会場からはブーイング』へのコメント

  1. 名前:ぴろりんこ 投稿日:2018/08/27(月) 14:28:46 ID:e23eee2b5 返信

    だったら、最初から出てくるなや!!

     
  2. 名前:匿名 投稿日:2018/08/27(月) 23:42:53 ID:a7c1d486d 返信

    これはそうとう目立つアピールにはなるな。
    何故彼がそうしたのか、何がそうさせたのか、
    一部の人間は探ってもみるだろう。