【ベネズエラ】ドローン爆弾で狙われた大統領を守るセキュリティポリス

南米ベネズエラの首都カラカスで4日、マドゥロ大統領の演説中に会場上空で爆発があった。ベネズエラ政府は、ドローンを使って大統領を暗殺しようとした事件と発表

カラカスで4日午後5時40分(日本時間5日午前6時40分)ごろ、マドゥロ氏が国家警備隊の創立記念式典で演説していたところ、近づいてきた複数のドローンが爆発。

マドゥロ氏にけがはなかったが、兵士7人が負傷した。ドローンには爆発物が積まれていたという。

事件後、「Tシャツの兵士たち国民運動」を名乗る反政府勢力とみられるグループが、「プラスチック爆弾を搭載した2機のドローンで大統領を狙ったが、目標到着前に撃ち落とされた」と犯行声明を発表した。ただ、真偽は不明だ。

(ソース全文はコチラ→朝日新聞社)

Venezuela: Nicolas Maduro survives ‘assassination attempt’

こちらは、スナイパーに暗殺されたフィリピン市長↓

【動画】フィリピン市長がスナイパーに狙撃さる瞬間
【フィリピン】 フィリピン北部の都市タナウアンで2日午前、アントニオ・ハリリ市長が何者かに狙撃された。銃弾は1発で、胸を撃たれた市長はまもなく死亡した。 フィリピン警察当局は「訓練…
 
 

にほんブログ村 動画紹介ブログ 衝撃・ハプニング動画へ
↑皆様の応援が、皆様が思ってる以上に励みになります

『【ベネズエラ】ドローン爆弾で狙われた大統領を守るセキュリティポリス』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/08/07(火) 04:32:33 ID:c5f666e35 返信

    自作自演が濃厚らしい・・・と とあるクソゴミが報道